ThinkPad X220のキーボード交換

私が中古のThinkPad X220を購入した理由は ThinkPadとして評価の高かった7段配列のクラシカルキーボードが用いられた最後のモデルであったことと 価格が安かったからです。

実際に触れてみると噂どおり、キーボードの小気味いいタイピング感触を得ることができましたが、中古であるがために使用感あふれるキーのテカリは少しばかり気になっていました。

そんなときネットで新品未使用のバルク品キーボードを見つけたので、今回のカスタマイズは いつもの性能アップではなく、テカリキーボードを新品キーボードに交換することにしました。

d0152544_06244067.jpg
キーボードに斜めから光をあてると キーのテカリがよくわかります

d0152544_06245089.jpg
PCを裏返してバッテリーを外し、キーボードアイコンが表示された箇所のネジを外します

d0152544_06250216.jpg
たった2本のネジを外すだけで キーボードが取り外せるようになります

d0152544_06251405.jpg
キーボード全体を上方向にずらしながら 隙間に薄いヘラを差し込み 持ち上げるように外していきます

d0152544_06252628.jpg
意外と簡単に外すことができました

d0152544_06253724.jpg
キーボードを下にずらしていくと 飴色ケーブルの先に薄いコネクタが見えてきます

d0152544_06254715.jpg
接続コネクタの隙間に ヘラを差し込む

d0152544_06255820.jpg
少しねじると 簡単にコネクタが外れます

d0152544_06260983.jpg
キーボードを取り除いた状態

d0152544_06261929.jpg
購入した新品未使用のバルク品キーボード

d0152544_06263379.jpg
裏面は こんな感じ、とてもシンプルです

d0152544_06264204.jpg
薄いケーブル先のコネクタをPC本体に押し付けるように接続します

d0152544_06265423.jpg
取り外した逆の手順で キーボードを元の状態に組み込んでいきます

d0152544_06270648.jpg
最後に裏面の固定ネジ2本を締めて キーボード交換は完了です

やっぱり 新品のキーボードは気持ちのいいものです。

キーボード交換作業は少々ハードルが高いかなとも思っていましたが、実際にやってみるとメンテナンス性を重視した設計思想が盛り込まれた機種だけのことはあり、高齢の私でも 意外と簡単に交換することができました。

by kimama-time | 2018-01-20 07:00 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kimamatime.exblog.jp/tb/26366947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。