縄文杉に続く 長い長いトロッコ道

縄文杉登山の朝は早いです。
安房の宿を出て 前日に予約した弁当を早朝4時開店の弁当屋で受け取り、安房バス停4時42分発のバスに乗り 屋久杉自然館で下車後、専用の登山バスに乗り換えて荒川登山口に向かいます。

d0152544_05091719.jpg
荒川登山口
トイレは登山口にあるので 準備を済ませたら いよいよ出発です

d0152544_05095635.jpg
トロッコ道は最初のうちは不等間隔の枕木の上を歩き、しばらくすると板敷きの道になっていますが、土の上でなく固い板の上を何時間も歩くことになるので、日頃歩いてない人にとっては少し辛いかもしれません

d0152544_05105402.jpg
縄文杉へは片道11キロ、その8キロがトロッコ道なのです、これからは景色を楽しみながら ただひたすら新緑の道を歩くのみ

d0152544_05113156.jpg
 しばらく歩くと 岩を刳り貫いてできたトロッコ道もあり、先人の苦労が偲ばれます

d0152544_05115862.jpg
 この日は登山者も少なく 快適に自分のペースで歩くことができました

d0152544_05122026.jpg
 途中で 親子のヤクシマザルやヤクシカにも出会いましたよ

d0152544_05124824.jpg
鬱蒼とした森の中から光射す新緑が美しい

d0152544_05132923.jpg
 屋久杉の森は江戸時代から明治、大正、昭和と伐採され続け、トロッコ道ができたのは大正時代です
なので トロッコ道沿いの森は大正時代以降に伐採された後、ゆっくりと復活しつつある若い森でもあります

d0152544_05134179.jpg
 
d0152544_05135257.jpg
 線路に沿って歩いて行けばいいので ガイドなしでも迷うことはありませんでした

d0152544_05140408.jpg
コースタイムで2時間30分ほど歩くと、大株歩道入口に到着です

d0152544_05143140.jpg
ここから先は急坂が続く登山道になるので、ギヤを入れ替えて一歩ずつ登っていきます

by kimama-time | 2017-08-19 06:53 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kimamatime.exblog.jp/tb/25374981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。