色づき始めのモミジ

近鉄奈良駅から春日大社へ向かって歩いている途中、春日参道の南側丘陵で見つけた大きなモミジの木、緑の葉が紅く染まり始めていました。

d0152544_1737284.jpg

# by kimama-time | 2016-11-11 17:49 | Trackback | Comments(0)

奈良公園は ほんの色づき始め

紅葉はまだかなぁと思いながら 久しぶりにカメラを抱えて奈良公園まで行ってきました。

公園の敷地は広いのですが、赤や黄に染まった木々はまだ少なく、ほんの色づき始めといったところでしょうか。

d0152544_1474098.jpg


d0152544_147462.jpg

# by kimama-time | 2016-11-10 14:08 | Trackback | Comments(0)

紅葉の「御射鹿池」を訪ねて

以前から一度は訪れてみたいと思っていた「御射鹿池」、ここは日本画の巨匠 東山魁夷画伯の作品「緑響く」を創作する動機となった場所ともいわれています。

当初、妻も私も観光案内ポスターや紹介写真などから御射鹿池は奥蓼科の山深い静かな場所にある自然池だとばかり思っていましたが、実際には八ヶ岳中信高原国定公園内の奥蓼科温泉近くの道路脇にある農業用温水ため池であることを知り 少々驚きました。

本来ならば早朝の光の中で撮影したかったのですが、私が訪れたのは陽の高くなった午前11時過ぎ、そのためイメージしていた陰影のある幻想的な景観を切り取ることができなかったのは少しばかり悔いが残りますが、ここに来ることができただけでも感謝ですね。

d0152544_8441273.jpg


d0152544_8441958.jpg


d0152544_8442793.jpg

# by kimama-time | 2016-11-03 08:51 | Trackback | Comments(2)

日本最高所の湖を彩る紅葉を求めて

今回訪れたのは 長野県と山梨県にまたがる八ヶ岳の北側に位置する日本最高所の湖「白駒池」です。

ここは紅葉のきれいな湖として有名で、風がなければ湖面に映る紅葉も見ることができるかもしれません。

しかしながら 事前に紅葉情報を調べてみると 標高2,115mの場所にあるので、紅葉は平地より早く例年であれば9月中旬から紅葉がはじまり 見頃は10月上旬となっていたので、私が訪れた10月21日では少し遅かったかなと思いながら歩みを進めました。

それから原生林の宝庫でもある白駒池周辺は 約500種の苔が青々と林床を覆う幻想的な「苔の森」としても知られています。

d0152544_7322099.jpg


d0152544_7322798.jpg


d0152544_7323284.jpg


d0152544_7323727.jpg


d0152544_7324312.jpg


d0152544_7324896.jpg

# by kimama-time | 2016-10-30 07:35 | Trackback | Comments(0)

信州紅葉めぐり 白樺リゾート

紅葉シーズンがやってきました。
今季最初の紅葉撮影は信州です、とはいっても一泊二日の短い旅でした。

初日は新大阪から新幹線で名古屋、そこから「ワイドビューしなの」に乗り換えて塩尻まで行き、白樺湖畔近くのホテルで宿泊

d0152544_915589.jpg
ホテル到着が まだ明るい午後4時前だったので、リフトに乗って標高1,550mの高台へ

d0152544_92175.jpg
リフトで昇りながら足元を見ると コルチカムという藤色をした花の群生がずっと続いていました

d0152544_92623.jpg
葉っぱよりも 花ばかりが目立つコルチカム

d0152544_921189.jpg
リフト到着地点には夕日を浴びて輝く紅葉の木々

d0152544_9224233.jpg
これも初めて目にしたチョコレートコスモス、確かにチョコレートのような香りがしました

d0152544_922440.jpg

明日は 日本最高所にある湖を彩る紅葉を求めて

# by kimama-time | 2016-10-27 09:28 | Trackback | Comments(2)

元気に! 九州

JR門司駅にあった手作りボードに温かみを感じたので 一枚パチリ!

d0152544_7124623.jpg

# by kimama-time | 2016-10-26 07:13 | Trackback | Comments(2)

門司港レトロの跳ね橋

カモメが飛び交う中、門司港レトロの跳ね橋が上がる

d0152544_75674.jpg

# by kimama-time | 2016-10-25 07:05 | Trackback | Comments(2)

昭和の風情を残す旦過市場

地元北九州市民の台所として賑わい、昭和の風情を残している「旦過市場」に立ち寄ってきました。

ここは大正時代の初め、すぐそばを流れる川を上る船が荷揚げをして商売を始めたころから自然発生的に形成されてきましたが、ここ数年 老朽化のためか再開発が検討されているそうです。
d0152544_9404367.jpg


d0152544_9405252.jpg
川にせり出す店舗が連なり、どことなく昭和の情景を醸し出す旦過市場の裏側

d0152544_9405886.jpg

一歩足を踏み入れた途端、地元の新鮮な魚介や青果、手作りのお惣菜のほか、郷土料理である「ぬかみそ炊き」など、約120店舗が所狭しと並んで 懐かしい雰囲気と活気に満ちた掛け声が四方から聞こえてきます

d0152544_941353.jpg
数年後には様変わりした旦過市場に生まれ変わるのでしょうか、少し気になります

# by kimama-time | 2016-10-24 10:00 | Trackback | Comments(0)

フェリーから見た夕景と夜景

大阪南港からフェリーに乗船し、北九州の新門司までの船旅を体験

d0152544_758334.jpg
出航前、船の上から見た大阪南港の夕景

d0152544_758826.jpg

本州と四国に架かる大橋

d0152544_7581453.jpg

# by kimama-time | 2016-10-22 07:59 | Trackback | Comments(0)

懐かしい 駅弁立ち売り風景

その昔に国鉄と呼ばれていた時代、座席横の窓から顔を出し「弁当~ 弁当~」と声をかけながら歩いている駅弁売りから買うのを楽しみにしていました。

今や駅弁の立売りがあるのは 高山本線の美濃太田駅(岐阜県)、肥薩線の人吉駅(熊本県)と吉松駅(鹿児島県)、そして今回撮影することのできた鹿児島本線と筑豊本線が交わる折尾駅(福岡県)ぐらいしか私は知りません。
d0152544_14321191.jpg

まさに今では 鉄道遺産ともいえる駅弁立ち売りの風景です

d0152544_14321959.jpg


d0152544_1432276.jpg

# by kimama-time | 2016-10-18 14:35 | Trackback | Comments(0)