縄文杉に続く 長い長いトロッコ道

縄文杉登山の朝は早いです。
安房の宿を出て 前日に予約した弁当を早朝4時開店の弁当屋で受け取り、安房バス停4時42分発のバスに乗り 屋久杉自然館で下車後、専用の登山バスに乗り換えて荒川登山口に向かいます。

d0152544_05091719.jpg
荒川登山口
トイレは登山口にあるので 準備を済ませたら いよいよ出発です

d0152544_05095635.jpg
トロッコ道は最初のうちは不等間隔の枕木の上を歩き、しばらくすると板敷きの道になっていますが、土の上でなく固い板の上を何時間も歩くことになるので、日頃歩いてない人にとっては少し辛いかもしれません

d0152544_05105402.jpg
縄文杉へは片道11キロ、その8キロがトロッコ道なのです、これからは景色を楽しみながら ただひたすら新緑の道を歩くのみ

d0152544_05113156.jpg
 しばらく歩くと 岩を刳り貫いてできたトロッコ道もあり、先人の苦労が偲ばれます

d0152544_05115862.jpg
 この日は登山者も少なく 快適に自分のペースで歩くことができました

d0152544_05122026.jpg
 途中で 親子のヤクシマザルやヤクシカにも出会いましたよ

d0152544_05124824.jpg
鬱蒼とした森の中から光射す新緑が美しい

d0152544_05132923.jpg
 屋久杉の森は江戸時代から明治、大正、昭和と伐採され続け、トロッコ道ができたのは大正時代です
なので トロッコ道沿いの森は大正時代以降に伐採された後、ゆっくりと復活しつつある若い森でもあります

d0152544_05134179.jpg
 
d0152544_05135257.jpg
 線路に沿って歩いて行けばいいので ガイドなしでも迷うことはありませんでした

d0152544_05140408.jpg
コースタイムで2時間30分ほど歩くと、大株歩道入口に到着です

d0152544_05143140.jpg
ここから先は急坂が続く登山道になるので、ギヤを入れ替えて一歩ずつ登っていきます

# by kimama-time | 2017-08-19 06:53 | Trackback | Comments(0)

ウィルソン株の中から見えるハートの空

縄文杉をめざして荒川登山口から歩きはじめて約3時間ほどすると、このトレッキングコースの人気スポットでもある大きな屋久杉の切り株「ウィルソン株」が現れます。

d0152544_06045836.jpg
緑の世界に溶け込むようなウィルソン株
切り株の周囲が13.8mもあり推定樹齢が約3000年ともいわれ、豊臣秀吉の命により大坂城築城の為に伐採されたとか、いやいや江戸時代になってからだとかいわれていますが、いまだ結論は出ていないようです

d0152544_06054511.jpg
長い年月により中心部は空洞になっていて 人も入れる10畳ほどの広さがあるといえば その大きさが想像できるのではないでしょうか、中に入ってみると そこには小さな祠が祭られていました

d0152544_06061985.jpg
切り株の中に入って すぐに見上げた空の形は こんな感じですが

d0152544_06084106.jpg
構図を探しながら撮影してみると ピンポイントで こんなにも見事なハート型の空が現れます
このことを知らない人もいましたが、私の撮影が終わった後から同じ場所でスマホ撮影しながら歓声があがっていました

# by kimama-time | 2017-08-16 06:22 | Trackback | Comments(2)

「青春18きっぷ」の旅から帰ってきました

台風5号の影響で船便が欠航になる前日に屋久島を抜け出し、途中寄り道しながら「青春18きっぷ」を使った長旅から無事に奈良まで帰ってきました。

d0152544_8395697.jpg
一緒に掲載しているのは 九州の肥薩線を駆け抜ける「いさぶろう・しんぺい号」でもらった乗車証と 今年で縄文杉発見50周年のシール

列車の移動中は ずっと座りっぱなしでなく、適度な間隔で乗り換えるので 気持の切り替えにもなり、体力的に疲れることもなく 私にとっては楽しい各駅停車の旅になりました。

意外と病みつきになるかも・・ というのが「青春18きっぷ」を使用した私の実感ですね。

これから旅先で撮影した膨大な写真(1539枚)を整理しながら ランダムにブログ掲載していく予定です。

# by kimama-time | 2017-08-14 08:57 | Trackback | Comments(4)

シニアの気ままな一人旅

7月21日から旅に出かけます。

この7月で前期高齢者の仲間入りをした私ですが、今のところ体調もすこぶる良好なので、以前からやってみたいと思っていたJRが発行する「青春18きっぷ」を使い 数日かけて奈良から鹿児島まで列車の旅をし、そこから高速船に乗り換えて屋久島へ渡り、2週間ほど暮らすように泊まりながら撮影するという長年の想いを実行に移すことにしました。

屋久島は絵になるところで、風景写真をやっている者としては長期間滞在して撮影したくなる憧れの撮影地でもあります。

健康で時間もたっぷりある今だからこそできる「シニアの気まま一人旅」、かなり面白そうな旅になる予感がしますが、はたしてどうなることでしょうか・・・

d0152544_8255492.jpg
「青春18きっぷ」は日本全国のJR全線の普通・快速列車に乗り放題の切符です。
春季、夏季、冬季の年3回発行され、11,850円で1日乗り降り自由×5回分が1枚になった切符で年齢制限はなく、誰でも利用できます。
今回の旅では この切符をフル活用して長距離を移動するので、事前にトイレや食事のタイミングを考慮した乗り継ぎ列車をどれにするか決めておくなど、旅をはじめる前から「青春18きっぷ」の不便さを楽しんでいました。

d0152544_826234.jpg
旅支度はハイカットの登山靴を含めた登山道具一式と、じっくり撮影するための一眼レフカメラ、レンズは標準、望遠、マクロ、広角の4本、そしてブレ防止のため 大きめの三脚も持っていきます、それにタブレットや着替えなども含めると かなりの荷物になるので、30リッターザックにキャリーバッグというスタイルになりました。

月に35日雨が降るともいわれる屋久島なので 滞在中の雨は覚悟していますが、台風だけは接近しないことを祈りつつ、九州最高峰の山々に登ったり、樹齢1000年を超える屋久杉に出会ったり、苔むす森をトレッキングしたりしながら屋久島の大自然を自分時間でゆったりと満喫しながら撮影してくるつもりです。

屋久島からの帰りも体力が許せば、あちらこちらに立ち寄りながら奈良に戻ってくるつもりなので、ブログ更新は しばらく停滞させていただき、次の更新は8月中旬頃になるかもしれません。m(_ _)m

# by kimama-time | 2017-07-16 07:00 | Trackback | Comments(4)

ハスの花の咲くころ

古都奈良にはロータスロードと呼ばれ、古刹に咲くハスの花を巡る道があります。

奈良の西ノ京に位置する喜光寺、唐招提寺、薬師寺を繋ぐ道のことです。

d0152544_6444432.jpg


d0152544_6445078.jpg


d0152544_6445646.jpg

# by kimama-time | 2017-07-09 07:00 | Trackback | Comments(0)

小さなイガグリ

私が日課にしているウォーキングコースにある栗の木に小さなイガグリを見つけました。

d0152544_6402560.jpg
6月初めに白く咲いていた花房も枯れ、その根元から小さなイガグリが顔を出していました

d0152544_6403145.jpg
これから実りの秋に向けて 大きくなっていききます

# by kimama-time | 2017-07-02 06:46 | Trackback | Comments(2)

我が家の二階からウグイスをパチリ!

我が家の隣は 小さな神社です。

毎年5月になると神社の木立の中から鶯の鳴き声が聞こえてくるのですが、なかなか姿は見せてくれません。

昨日も すぐ近くから「ホーホケキョ」と聞こえてきたので、二階の窓からカメラを構えて辛抱強く待っていると ようやく姿を見せてくれました。

d0152544_5452740.jpg
私が見ている目の前の枝に飛んできてくれました

d0152544_5453362.jpg
目と目が合ったかと思うと

d0152544_5453867.jpg
自慢げに 「ホーホケキョ」 と一鳴き

たしかに今年の鶯は 鳴き方もうまいし、声も大きい

例年通りであれば 7月下旬頃まで 澄みきった歌声を聞かせてくれるでしょう、やっぱり ここは田舎だなぁ

# by kimama-time | 2017-06-25 07:01 | Trackback | Comments(4)

雨待つ紫陽花

近畿地方は6月7日に梅雨入りしましたが、8日以降まとまった雨がありません。

空模様も梅雨の曇天というよりも 湿度が低くカラッとした晴天が続いています。

雨の似合う紫陽花も空を見上げるように雨の雫を待っていますが、いつ降ることやら・・・

d0152544_616193.jpg


d0152544_616610.jpg


d0152544_6161386.jpg

# by kimama-time | 2017-06-17 06:17 | Trackback | Comments(1)

奈良公園の小鹿たち

奈良公園では毎年5月中旬から7月頃にかけて赤ちゃん鹿が誕生するシーズンを迎えます。

運が良ければ、母鹿と小鹿の微笑ましいシーンにも出会えますよ。

d0152544_443034.jpg


d0152544_443828.jpg


d0152544_4431538.jpg

# by kimama-time | 2017-06-10 06:36 | Trackback | Comments(2)

庭のアジサイ

我が家の庭のアジサイたちが6月の声を聴き、小さな蕾からカラフルな花を咲かせ始めました。

d0152544_6453388.jpg
生まれたばかりの小さなカマキリもやってきました

d0152544_6454041.jpg

# by kimama-time | 2017-06-03 06:55 | Trackback | Comments(2)