秋空の奈良公園

先日の朝、カーテンを開けると、すがすがしい秋空だったので数週間ぶりに奈良公園へ出かけてきました。
外に出ると肌寒く、秋の季節に入ったなと実感できるようになりました。
d0152544_10353064.jpg
天高く澄み切った秋空の下、緑濃い芝生が敷き詰められた広い公園には朝早くから数組の家族が散策に訪れていました。

d0152544_10354171.jpg
東大寺から二月堂へ向かう途中、巨木から隆起した太い根本に立派な角を生やした雄鹿が威風堂々と道行く人々を眺めている姿が目に入りました。 まさしくこちらが眺められている感じです。
このように見事な角を見せられると毎年10月上旬に行われる「鹿の角きり」行事が気になってきます。
調べてみると今年は10月11日から土日祝の3日間で予定されています。
この古都奈良の秋を彩る鹿の角きりは、角鹿が町民に危害を与えたり、互いに突き合って死傷したりすることがないように寛文11年(1671年)から続けられています。
ということからすれば人々と鹿がこれからも共生していくためには、残念ですが仕方がないのかもしれません。

d0152544_1036398.jpg
二月堂
関西では春の訪れを告げる「お水取り」行事で有名な二月堂も、この時期には訪れる観光客も少ないだろうなと思っていると、修学旅行生の団体が一気に押し寄せてくるのが見えてました。
私はもちろん一目散に退散することにしました。

d0152544_10361335.jpg
東大寺鐘楼
東大寺から少し登って大きな鐘楼の前に行くと、観光ポスターになりそうな構図で鹿が佇んでいましたので、早速一枚撮らせていただきました。
ちなみにこの鐘楼は国宝に指定されている代物で中の梵鐘(ぼんしょう)は752年に鋳成され重量が26.3トンもあり、年末年始には除夜の鐘を突くことを目的に多くの初詣客が訪れる場所にもなっています。

d0152544_1036244.jpg
               ススキが秋の訪れを告げていました。

# by kimama-time | 2008-10-05 11:52 | Trackback | Comments(0)

大阪伊丹空港

先週の日曜日、妻と次女が九州へ「黒川・湯布院に泊まれる湯けむり旅情3日間」なる、いかにも女性客をターゲットにした旅行に行くことになり、早朝出発ということで私が集合場所の大阪国際空港(通称、大阪伊丹空港)まで荷物持ちと案内役を仰せつかりました。
私自身も出張でよく伊丹空港を利用するのですが、カメラ撮影をすることはなかったので、今回はその目的もあり私から申し出た訳です。
d0152544_8564370.jpg
早朝7時過ぎの伊丹空港
大阪市の北西13kmの兵庫県伊丹市、大阪府豊中市・池田市にまたがる立地条件であることから、関西三空港の中でも国内線の基幹空港であると位置づけられています。
遠くには朝を迎える大阪市内の町並みが、少し霞んで見えていました。

d0152544_8565439.jpg
伊丹空港の運行開始時間は朝7時からです。
そのため、ご覧のように7時過ぎには出発を待つ航空機が数珠つなぎ状態になっていました。
ちなみに運行終了時間は21時までとなっていますので、遅延が発生すると到着地が関西国際空港に変更されることがしばしばあるようです。

d0152544_857625.jpg
次から次へと目的地に向かって飛び立っていました。
d0152544_8571782.jpg

d0152544_8573421.jpg
私的にはプロペラ機の方が軽くて小さいせいか、なぜか安定したフライトに見えてしまいます。

# by kimama-time | 2008-10-04 09:35 | Trackback | Comments(0)

ザリガニ

自宅からは、大和盆地と生駒山地の間を沿って南北に延びる矢田丘陵を近くに見ることができます。
標高は300m程度と高くないのですが、地元では田んぼや畑への貴重な水の供給源となっています。
流れる水がきれいなせいか、毎年水路の水量が少なくなるこの時期には、どこからともなく現れるザリガニを見ることができます。
先日も水路に真っ赤なアメリカザリガニが闊歩?していたので、早速カメラを向けると威嚇のつもりか、見事なファイティングポーズをとってくれました。
今回は、その時に思わずパチリと撮影した2枚を掲載させていただきます。
d0152544_21415294.jpg
アメリカザリガニ
名が示すとおり、北アメリカ南東部のミシシッピ川流域が原産の「外来種」です。
調べてみると1927年にウシガエルの餌として神奈川県の鎌倉食用蛙養殖場に20匹持ち込まれたのが最初で、その養殖池から逃げ出した個体が持ち前の適応力で生き残り、現在では全国に分布域を広げているそうです。
私も調べるまでは知らず、その繁殖力には驚かされました。
d0152544_2142681.jpg
食材としてもフランス料理の高級食材エクルビスに代表されるように、豪州の家庭料理や中華料理でも人気の高い食材で、もちろん原産のアメリカでも大鍋で茹でた名物料理となっています。
そんな目で眺めていると確かにぷりぷりとしていますが、私は食べたいとは思いません。
しかしカラスにとってはご馳走のようで時々、朝の通勤時に食後の残骸を見かけます。

# by kimama-time | 2008-10-02 21:43 | Trackback | Comments(0)

彼岸花

奈良の里には彼岸花、別名マンジュシャゲ(曼珠沙華)が多く見られます。
遙か昔の稲作伝来時に広まった帰化植物といわれていますが、いつの間にか日本の田園風景には欠かせない草花になています。
田んぼのあぜや土手に植えられているのは鱗茎に有毒性があり、土に穴を掘る小動物を避けるためでもあるそうです。
彼岸花の花の色は赤だけかと思っていましたが、白色や黄色の花も咲いていましたのでビックリです。
d0152544_7113679.jpg

d0152544_711493.jpg

d0152544_712252.jpg

d0152544_7121359.jpg

d0152544_7122479.jpg

d0152544_7123491.jpg

d0152544_7124662.jpg

d0152544_7125894.jpg

d0152544_7131082.jpg

d0152544_713236.jpg

d0152544_7133590.jpg

秋の草花は紅葉も含め、毎年違った表情を見せてくれます。
写真撮影を趣味とする立場からすると、今年はどのような感動に巡り逢えるのかを求めて、カメラを抱え出歩く楽しみがあります。

# by kimama-time | 2008-09-27 07:40 | Trackback | Comments(0)

明日香村の案山子(かかし)ロード

日本の棚田百選にも撰ばれている奈良県高市郡明日香村の稲渕地区に彼岸花を撮るつもりで出かけましたが、稲渕の棚田で毎年ユニークな案山子(かかし)を展示している時期であることを思い出し、「案山子ロード」に寄り道をしてきました。
撮影した中から、名古屋の孫が喜んでくれそうな案山子を31点もピックアップしてしまいました。
今年のテーマは「むかし話」のようですが、中には?の作品もあるのはご愛敬。
私自身も、ゆっくり見て回っている内に心が和んできました。 たしかに棚田には案山子が似合います。
d0152544_18555365.jpg

d0152544_1856679.jpg

d0152544_1856209.jpg
我が家の妻も娘も経験のある「おむすびコロリ」
d0152544_190690.jpg

d0152544_1901740.jpg

d0152544_1903073.jpg

d0152544_1915469.jpg

d0152544_192841.jpg

d0152544_1922559.jpg

d0152544_193015.jpg

d0152544_1931452.jpg

d0152544_193252.jpg
                   ジャンボ案山子
d0152544_1941268.jpg

d0152544_1942690.jpg

d0152544_1943824.jpg

d0152544_1952071.jpg

d0152544_1953284.jpg

d0152544_1954715.jpg

d0152544_1963619.jpg

d0152544_1964923.jpg

d0152544_197624.jpg

d0152544_198533.jpg

d0152544_1982014.jpg

d0152544_1983981.jpg

d0152544_1994086.jpg

d0152544_1995818.jpg

d0152544_19102037.jpg

d0152544_19111076.jpg

d0152544_19112666.jpg

d0152544_1911411.jpg

d0152544_19115622.jpg

明日香(飛鳥)地区では赤、白、黄色の「彼岸花」も撮影してきましたので、次回に掲載する予定です。

# by kimama-time | 2008-09-23 19:18 | Trackback | Comments(0)

我が里の昆虫たち

秋雨前線のせいでしょうか、ここのところの休日は一日スカッと晴れ渡る日がありませんね。
今年の秋も雨と風に乗って、すぐそこまで来ているようです。
そう言えば夏の間中、飛び回っていた昆虫たちも近頃はあまり見かけなくなりました。
そこで家の回りをグルッとカメラを抱えて、虫を求めて散歩してきましたのでご覧下さい。
d0152544_764735.jpg
モンキチョウはいつ見ても何故かしら気品さえ感じます。
そして、その感じたままを写真に納める難しさに、いつも悪戦苦闘しているのです。

d0152544_77835.jpg
田んぼや畑のあぜ道を飛び跳ねているイナゴにとっては、今が旬の季節なのかもしれません。

d0152544_771924.jpg
最後の一踏ん張りと、まさに働き蜂のお手本のような姿に、思わず「ご苦労さん」と声をかけたくなります。

d0152544_773056.jpg
我こそは殿様バッタであると言わんばかりのポーズをとってもらいました。

d0152544_774690.jpg
カメラを近づけても気にすることなく、体中に花粉をつけて密をむさぼり続けています。

d0152544_775749.jpg
早くりっぱな羽が生えた成虫になろうと、食欲旺盛に若い柔らかい葉をスゴイ勢いで食べまくっています。

d0152544_781541.jpg
麦わらトンボをクローズアップして見ると、顔?のバランスから似つかわしくない大きな複眼と、軽さと強度を求めて見事なまでに造形された羽の構造から、自然のなすべき偉大さを垣間見たような気がします。

d0152544_782895.jpg
アゲハチョウも夏の間、思いっきり飛び回ったせいでしょうか、羽がボロボロで彼岸花に寄り添って終焉を迎えようとしているように見えます。

d0152544_79044.jpg
稲穂の膨らみは、来週あたりから稲刈りが始まることを予感させます。
できあがったブログを早速、妻に見せたところ「自宅周辺を散歩するだけで、こんなに昆虫をすぐ見つけることができる田舎に住んでいるのね」と今更ながら言われてしまいました。
私にとっては通勤にはやや不便でも、季節の移り変わりをいち早く感じることができる環境に感謝しております。

# by kimama-time | 2008-09-21 08:36 | Trackback | Comments(0)

神戸 異人館

この3連休を利用して妻と神戸まで出かけ、異人館をグルッと見て回ることにしました。
せっかく神戸に行くのですから昼食は私持ちで、美味しい中華料理を食べようと大見得を切ったまではいいのですが、トアロード沿いにあるはずのネットで調べた店が見つかりません。
店を紹介したマップはJR三宮駅から徒歩5分となっていますが、あまりにも大雑把な地図を頼りにしたことを反省しました。
しばらく歩いていると10年前に旧北野小学校の校舎をリニューアルして、お洒落な神戸スイーツを提供する「北野工房のまち」が現れ、妻も前から一度来てみたかったということで中に入って試食をほんの少しばかり。
ネットで調べた店をあきらめ、異人館に行く途中で見つけた「東天閣 本店」で昼食を取ることにし、セレクトコースを頂きましたが正直今まで食べた中で一番美味しい中華料理で、さすが老舗と二人とも心から堪能することができ、次は子供達にも是非一度、連れてきてあげたいという会話が弾みました。
前置きが長くなりましたが、お腹も満足してようやく異人館巡りの始まりです。
d0152544_105616.jpg
異人館の中では唯一、一階は一般に公開して二階で現在も生活されている館だと、受付の方に教えていただきました。

d0152544_1052635.jpg
ここのシャンデリアは全て水晶でできているそうです。スゴイ!

d0152544_105372.jpg


d0152544_1054998.jpg
明治の時代に、このようなインテリアをさりげなく配置するセンスの良さに脱帽です。

d0152544_105599.jpg
見ている人から「シルバニアファミリーみたい」と声が上がるほど、精巧にできたミニュチュアセット。

d0152544_1061154.jpg
こちらはミニュチュアセットではありません。 日常使用されていたキッチン料理セットです。

d0152544_1062381.jpg
今回は異人館ごとに特徴のあるシャンデリアを集めてみましたので、ご覧下さい。
ただし館内はかなり暗く、しかもフラッシュなしのISO6400で手持ち撮影しておりますので、ブレと画質の荒さにはご容赦願います。

d0152544_1063456.jpg


d0152544_1064823.jpg


d0152544_1065979.jpg


d0152544_1071099.jpg


d0152544_1072294.jpg
このシャンデリアはオランダ館のメイドルームにある「エンゼルのほほえみ」と題する世界的な名作です。

d0152544_1073843.jpg


自宅からは1時間30分弱で異国情緒に触れることができますので、これからも美味しいお店探しも合わせて時々、訪れてみることにします。

# by kimama-time | 2008-09-15 10:47 | Trackback | Comments(0)

京都大原三千院

8月も終わり、紅葉には早すぎる9月に入ったばかりの三千院は訪れる人も少なく、一時の静けさが訪れています。
場所は京都市街の北東山中、大原の里にあり、古くから貴人や念仏修行者が都の喧騒を離れて隠棲する場として知られていました。
d0152544_7372951.jpg
聚碧園(しゅうへきえん)
池泉鑑賞式庭園の聚碧園は江戸時代の作で、音なしの滝から流れ出る律川の水を引いた池泉、刈り込みや植栽の調和により奥行きを見せています。

d0152544_7374538.jpg
三千院の客殿より池泉観賞式庭園「聚碧園」を眺める

d0152544_7375633.jpg


d0152544_738109.jpg
三千院の庭に佇む童地蔵

d0152544_7382896.jpg


d0152544_7384052.jpg
あと一ヶ月もすると秋が訪れます

# by kimama-time | 2008-09-07 08:27 | Trackback | Comments(0)

涸沢~横尾~徳沢~上高地

標高2,310mの涸沢で迎える夜明けは素晴らしいものでした。
涸沢ヒュッテから見上げる穂高連峰は北尾根から前穂高岳3,090m、奥穂高岳3,190m、涸沢岳3,110m、北穂高岳3,106mの東稜まで一望することができます。
d0152544_6185012.jpg
山の朝は特に冷えますが、皆早くからデッキに出て日の出を待ちます。
ありがたいことに本日も快晴のようです。

d0152544_619791.jpg
穂高を背に、まだ明けきれていない深く青い空を眺めていると宇宙さえ感じてきました。
私の写真ではどこまで伝わるのか疑問ですが、この感覚はその場にいなければ、やはり実感することは難しいと思います。

d0152544_619232.jpg
朝日を浴びて山が赤く染まってきました。 いよいよ一日の始まりです。
涸沢ヒュッテでは多くの宿泊者がデッキに出ているので、スタッフが朝食を早く取るように呼び出しにきました。
ちなみに朝食時間は5時からで夕食と同じく、ご飯と味噌汁はお代わり自由となっています。

d0152544_6194073.jpg
明るくなってきたので涸沢小屋とテント場を覗くと、皆慌しく動いていましたが山の朝は早く、きっと今日の行動計画に沿って4時過ぎから身支度をしていると思います。

d0152544_6195350.jpg
絵葉書のような光景を眼にして、おもわず一枚パチリと。

d0152544_620559.jpg
本谷橋
涸沢カールを後にして本谷橋までの所要時間は、登りの半分の時間で降りてきました。
ここでは昨日と同じように、これから登る人、私のように下山する人が休憩をされています。
雪解け水にタオルを濡らして汗を脱ぐい、これから今日の行動に思いを巡らせることができる絶好の休憩ポイントです。

d0152544_6201871.jpg
屏風岩

d0152544_6203368.jpg
穂高を後にして

d0152544_6204577.jpg
横尾大橋
この横尾大橋を渡れば、本日宿泊する横尾山荘です。

d0152544_621049.jpg
横尾山荘前広場
ここで休憩していると槍ヶ岳方面から、引率の先生に連れられた高校の山岳部と思われる5,6人の若者が重そうなザックを背に下山してきました。
皆達成感のある表情で、まだまだ体力が余っているような逞しささえ感じました。

d0152544_6211463.jpg
私は当初の予定通り山荘へ大半の荷物を預け、必要なカメラ機材だけを持って槍見台へ向かうことにしました。
槍見台へは横尾山荘から少し歩くと道標が現れ、ここで蝶ケ岳をめざして40分ほど登っていくと到着するはずです。
はたして槍ヶ岳は見えるでしょうか、楽しみです。

d0152544_6212558.jpg
槍見台
槍見台までの道のりは予想はしていましたが、先ほど涸沢から下山してきたばかりの私にとっては、非常に厳しい急な登りの連続に思えました。

d0152544_6213768.jpg
槍見台に到着してみると、望みの槍ケ岳が遠くにはっきりと見えるではありませんか、感激です。
周りには誰一人もいなく、ただ風と鳥のさえずりの音しか聞こえてきません。
せっかく苦労して登ってきたのですから、しばらくここで休憩して槍ケ岳を眺めていることにしました。
ゆっくりコーヒーを飲んでいると一人の若者が大きなザックを背負って登ってきて「今日はよく槍が見えますね」と言って写真一枚を撮り、ふたたび蝶ケ岳をめざして登っていきました。
しばらくするとガサガサと音がするので何かと見ていると、蝶ケ岳方面から駆け下りるかのようにこれも20代の若者がやはり大きなザックを背に降りてきました。
横尾山荘までの時間を聞かれましたので「君の足なら20分程度で下りられるよ」と伝えると、すがすがしさを残しながら再び、山荘をめざして駆け下りていきました。

d0152544_6215042.jpg
休憩している槍見台で横を見てみると名前はわかりませんが、爽やかな薄紫色をした花が風に揺れていました。

d0152544_622228.jpg
横尾山荘
本日宿泊の横尾山荘です。
私が宿泊したときは改築工事中の為、定員60名の予約制でした。
その改築工事も現在は完了し、8月23日からは定員が従前の250名に戻り、通常通りの営業となっています。

d0152544_6221661.jpg
私が泊まった部屋は2段ベットの8人部屋でした。
普通山小屋で宿泊する場合は宿泊者が何名訪れるかわかりませんので、畳に布団敷が多いのですが、ここ横尾山荘ではカーテンで仕切ることができるベッド式となっています。
そのためか女性の登山客が多く宿泊されており、食事も山小屋の中では三ツ星という内容でした。

d0152544_6222846.jpg
翌朝は木漏れ日の中、明神へ向かいました。

d0152544_6224120.jpg
明神まで来ると、上高地の観光ルートだと実感させられます。

d0152544_6225354.jpg
今日も快晴です。

d0152544_623540.jpg
ウエストン碑
日本と世界に上高地、北アルプスを紹介していただいたウエストン卿に感謝をし、上高地清水屋ホテルの外来入浴で汗と垢を落として上高地バスターミナル~新島々~松本~名古屋~京都~奈良方面へと帰路に着きました。

今回の山行で気がついたのは、思った以上に女性も含めて単独行動の人が多かったことです。
山小屋では同じ山登りの仲間として情報交換やカメラ、写真の話をすることができ、私にとっても有意義な時間を過ごすことができました。

# by kimama-time | 2008-08-24 09:44 | Trackback | Comments(0)

上高地~徳沢~横尾~涸沢

夏季休暇を利用して長野県松本市安曇にある日本有数の氷河圏谷である北アルプスの麓「涸沢カール」まで行って来ました。

私の場合、登山やテント泊が目的でなく、写真撮影が目的ですので、最初から山小屋泊と決めて計画を練りました。
バスでの移動は好きではありませんが、今回は効率を考えて京都発23時で翌朝6時に上高地着の「さわやか信州号」という長距離バスを利用します。

初日は、そのまま上高地から涸沢までコースタイム6時間強、休憩を加味すると約8時間の山行で涸沢ヒュッテ泊、翌日は横尾までゆっくり降りた後、蝶ケ岳に行く途中の槍見台まで登り、運良く槍ケ岳を見ることができれば最高で、その日は横尾山荘に泊まり、翌日は上高地まで移動後、温泉で汗を落として上高地~新島々~松本~名古屋~京都~奈良方面というJR経由で帰宅するという3泊4日の計画にしました。

日程は横尾山荘にいつ宿泊できるかで決まります。
普通、山小屋は非難小屋の役割から予約なしでも宿泊が可能です。そのため状況によっては1枚の布団に数人ということも覚悟する必要がありますが...(先方の準備もありますので、できる限り予約をしましょう)
しかし、横尾山荘に限っては現在、改築工事中の為、収容可能人数60名までの完全予約制となっており、宿泊日の1ヶ月前からの受付開始ということで無事8月12日を予約することができ、全体日程を決めることができました。

次にザック重量をどこまで軽くできるかですが、写真撮影が目的ですのでカメラ本体(Nikon D3)、レンズ3本(標準ズーム24-70mm,望遠ズーム70-300mm,マクロ105mm)、三脚で約7Kg、登山用品一式5Kg、ザック本体(カエラム/レクタス45L)約3Kg+水で合計16Kgということで落ち着きました。
さあ、出発です。
d0152544_1519335.jpg
河童橋(かっぱばし)
今や上高地を象徴する木の吊り橋で、年間200万人の観光客が訪れるそうです。
6時過ぎという早朝にも拘らず、早くも橋の上では穂高の峰々を背景に記念撮影をされている人で賑わい始めていました。
芥川龍之介も若いころに訪れたことがあり、代表作の小説「河童」は橋の周辺を舞台に書かれたものです。(朝霧かかる日、上高地から穂高をめざす男が川縁で河童と出会い、気づくと河童の国を訪れていた...)

d0152544_15195258.jpg


d0152544_1520175.jpg
明神地区
河童橋から梓川沿いに3km、森林のマイナスイオンを浴びながら歩いていると明神岳の岩峰群が迫る明神館に到着します。
ここまでの道は歩きやすく河童橋から往復2時間のコースで、近くには明神池、嘉門次小屋、穂高神社奥宮があり、日帰りハイカーやツアー客も多く訪れています。
街中を歩くヒール姿の女性も数人見かけ、よくぞ足首を痛めないものだと変に感心してしまいますが、どう見ても場所にふさわしくないと、なぜ気がつかないのか不思議でもあります。

d0152544_1520105.jpg
徳本(とくごう)峠
この道は昭和8年釜トンネルが開通するまで、上高地をめざす唯一のルートで上高地を紹介したイギリス人登山家のウエストンを初め多くの登山家が通った道です。
芥川龍之介も明治42年8月に東京府立三中の5年の時に友人4人と訪れ、安曇島々で案内人を雇い、徳本峠を経て槍ヶ岳に登頂したそうです。

d0152544_15202054.jpg
徳沢のテント場
テント場としては最高の立地条件の為、この地でゆっくりとした時間を過ごすためだけに小さなお子さんを連れてこられた若い家族を何組も見かけました。
今の時代、最高の時間の使い方で、きっと心の余裕のある気持ちが豊かな人達だとも思います。

d0152544_15202921.jpg
徳沢(とくさわ)
明神から歩くこと1時間の地で、昭和初期までは牧場が開かれていたため、周辺は開けた草原となっており、徳沢ロッジ及びテント場、井上靖氏ゆかりの上高地氷壁の宿で有名な徳沢園があります。
さすがにここまで来ると、ツアー観光客の姿はほとんど見かけることはありません。(足元を見れば、わかります)

d0152544_15204362.jpg
新村橋(しんむらばし)
奥又白の岩壁に輝かしい足跡を残した新村正一を記念して作られた橋で、この橋を渡り右岸を行けば登山道として涸沢へ向かう「パノラマコース」へと続き、橋を渡らずこのまま梓川の左岸を行けば槍ヶ岳や涸沢、穂高岳への登山口となる横尾へ続きます。
私は当初の予定通り、横尾へ向かいます。
ちなみにパノラマコースは、通行可能ですが残雪箇所がありますので、初心者のみでの通行はご遠慮下さいと掲示されていました。

d0152544_15205367.jpg
横尾山荘
梓川が槍沢と横尾谷に分岐する地点にある山小屋で、槍ヶ岳や穂高岳、蝶ヶ岳登山の中継地点になっています。
ここには明日、宿泊するので楽しみでもあります。

d0152544_1521551.jpg
横尾大橋
ここからは涸沢、穂高へと向かう登山者しかいません。
ここまでは上高地からのコースタイム(約3時間)通り来れましたが、これから先の本格的な登山道を思うとザックの重さと長距離バスでの睡眠不足が体に堪えてきました。

d0152544_1521168.jpg
屏風岩
横尾から涸沢への第一休憩ポイントとなる本谷橋へ向かう途中で、まず目に入るのは高さ600mの大岩壁である屏風岩です。
前穂高の北尾根が横尾谷に大きく切れ落ちる大岩壁で、ロッククライミングのメッカでもあります。
クライマーでなければ、何故そこまでして危険を冒すのかと理解に苦しむのではないでしょうか。

d0152544_15212998.jpg
本谷橋
本谷橋の吊り橋は一人で渡ってもかなり揺れ、若干のスリルを味わうことができます。
渡った川岸は休憩適地で、これから涸沢方面へ向かう登山者の多くが体を休めていました。
もちろん逆の涸沢方面から横尾へ下山する休憩地でもあります。
雪渓の溶けた水は強烈に冷たく、タオルを濡らして汗を拭い、涼しい風に吹かれると何ともいえない気持ちになります。
本谷橋を過ぎると急登になり、一気に高度を稼ぐ2時間程度の登山道になることがわかっているので、ここでしっかり体調を整えておく必要があります。

d0152544_1521425.jpg
落石注意
本谷橋から涸沢へ向かう途中のガレ場には落石注意という看板が掲示していましたが、右側の絶壁に気をつけながら素早く渡るしか注意しようがありません。
今回のルートで一番緊張する箇所でもあります。

d0152544_15215437.jpg
涸沢ヒュッテへ
ようやく登山道の分岐が現れ、左「涸沢ヒュッテ」、右「涸沢小屋」という道標が見えてきました。
疲れた体でも目標が見えると不思議なもので、再び力が漲ってくるものです。

d0152544_15221044.jpg
雪渓
ヒュッテ直下の登山道には残雪がありますが、アイゼンは必要ありませんでした。
ゆっくり慎重にステップを切りながら登っていきます。

d0152544_152397.jpg
涸沢カール
後半はバテ気味でしたが、何とか15時前には目的地の涸沢カールに着くことができました。
着いた当初はガスがかかっていましたが、雄大な景観に変わりはありませんでした。

d0152544_1523219.jpg
涸沢小屋とテント場
テント場に下りてみると、やはり大学や地域の山岳部が大半を占めているように感じました。
中には、若いお父さんと息子という、たくましい親子もいました。

d0152544_15233398.jpg
涸沢ヒュッテ受付
到着後、早速宿泊の手続きを行いました。
涸沢ヒュッテは予約なしでも宿泊可能ですが、私は事前予約をしていたので少人数(布団4枚敷き)部屋が割り当てられ、「本日は一人一畳を確保できそうです」と受付嬢のうれしいお言葉でした。
正直、受付をするまでは布団一枚に一人で眠れるのか心配でしたが、盆休み前の平日ということもよかったのかもしれません。
そして同室の住人は誰一人としてイビキをかくことなく、ゆっくりと眠ることができました。

d0152544_15234417.jpg
気圧差
涸沢ヒュッテは標高2,310mの位置にある為、気圧の変化でスナック菓子の袋がパンパンです。

d0152544_15235464.jpg
涸沢ヒュッテ 展望テラス
生ビールと名物おでんで乾杯!
このテラスにいると、あちらこちらから徳沢、新村橋経由のパノラマコースや横尾から登って来た人や、三千メートル級から無事に下山された満足感が会話の中から伝わってきます。

d0152544_1524445.jpg
テント場の灯り
照明が一切ないテント場では陽が沈む暗闇の中、カラフルなテントのおかげで幻想的な灯りを眺めることができます。
本当はもっと多くのテントが設営されていますが、早朝出発組みのテントは消灯され、既に就寝中のようです。

夜の涸沢は寒いのですが気持ちよく、空気が澄んでいるせいか、星が下界より大きく見えて近くに感じることができます。
こればかりは写真撮影しても私の実力では表現できないので、自分の眼に焼き付けておきたいと寒さも忘れ、ずっと眺めていました。

つづく....

# by kimama-time | 2008-08-15 15:53 | Trackback | Comments(0)