ヤマツツジ

今回は奈良県御所市にある金剛生駒紀泉国定公園のほぼ中央に位置する葛城高原に行って来ました。
葛城山頂(標高959.7m)に開けた、なだらかな大高原です。
ヤマツツジの名所で、この5月中旬の季節は「一目100万本」と称されるツツジを見に多くの観光客が訪れます。
当初は葛城登山口にあるロープウェイに乗り、約6分で葛城山上駅まで行き、帰りは歩いて下山するつもりでしたが、待ち時間2時間30分と聞きましたので妻と相談し、1時間30分かけて歩いて登ることにしました。
d0152544_7505196.jpg
自然つつじ園
葛城山(かつらぎさん)南西斜面にあり、私たちが今回利用できなかったロープウェイで登りきった葛城山上駅から徒歩約15分のところにあります。
訪れた5月17日は満開でヤマツツジが山を紅く染め、それはそれは見事な景観でした。
高原に心地よく吹く風を感じながら食したおにぎりは、ほんとうに美味かった。

d0152544_751254.jpg
聞くところによると、昭和40年ごろからロープウェイを開通させるなど山頂の観光地化を推し進める過程で竹類がすべて枯れ、結果的に表出したヤマツツジの群生地となり、それをつつじ園として整備することで春はツツジ、夏は納涼、秋はススキ、冬は樹氷・霧氷と四季を通じて楽しめる観光地となってきたそうです。

d0152544_7511475.jpg
登りは歩いたので帰りはロープウェイでと葛城山上駅まで行ってみると長蛇の列、本来並ぶのが嫌いな私ですので妻の了解得て歩いて下山することにしました。
が、厳しい登山道のため登りよりも下りのほうが膝に負担がかかり、妻からは二度と葛城高原には来ないとまで言われてしまいました。ちなみに下山の所要時間は約1時間でした。
私は好きな写真撮影をしながらですので苦になりませんが、観光目的が中心の妻へは申し訳なかったと反省しております。
再び秋のススキ、冬の樹氷・霧氷など、他の季節に訪れるときは私一人となりました。

# by kimama-time | 2008-05-18 08:41 | Trackback | Comments(0)

砂ずりの藤

新緑の奈良公園に行って来ました。
当初は目的もなく、自由気ままに新緑を満喫しようと出かけましたが、この時期であれば「砂ずりの藤」を見ない手はないと一路、春日大社をめざして歩き出しました。
春日大社は知っての通り、鹿を神の使いとした奈良公園の中にある神社で、全国に数多くある春日神社の総本社です。
しかし、今回はいつもと違うルートで歩いていると前方に新緑に輝く、大きなクスノキが目に飛び込んできました。
d0152544_6273932.jpg
この木は遠くから見ると一本の巨樹に見えますが、実際は3本のクスノキで成り立ち、樹齢は約100年といわれています。
枝の大きさに合わせるように、まわりを柵で囲い大切に管理されています。
なぜならば、この木は明治41年に奈良県で行われた陸軍の大演習に際して、飛火野で催された饗宴に明治天皇が臨席され、その玉座跡に記念植樹された由緒正しいクスノキであるからです。
今は観光コースから少し離れていますので、この地を知っている地元の方が子供たちを連れて伸び伸びと遊べる絶好の場所となっています。

d0152544_6423654.jpg
春日大社・砂ずりの藤
この名前の由来は藤の花穂が1m以上垂れ下がり、地面の砂を擦るほど伸びるところからきています。
しかし、今年の藤の花穂は例年に比べると短かったようです。それとも、まだ伸びるのか?
もともと春日大社境内には藤の花が古来より自生していたらしく、この藤の木も樹齢700年以上ともいわれています。
その樹齢の根拠となっているのが、鎌倉時代に西園寺公衡や藤原一門、高階隆兼らが作成し奉納した春日権現記絵と呼ばれる絵巻に「砂ずりの藤」が登場しているからだそうです。
絵巻を見て「砂ずりの藤」と判断できるということは、実際にはもっと古来からあったものかもしれません。

d0152544_712571.jpg
春日大社から若草山、東大寺方面へ新緑を仰ぎながら歩いていると、川を渡ったところに茅葺屋根の日本むかし話に出てきそうな茶屋があります。
この茶屋のまわりは新緑のもみじで囲まれていますので、紅葉の季節は一段と雰囲気を醸し出す被写体になってくれそうです。

d0152544_7264487.jpg
定番の奈良公園の鹿です

d0152544_7265915.jpg
新緑に映える東大寺大仏殿

澄み切った青空の下、新緑を満喫した一日でした。

# by kimama-time | 2008-05-11 07:32 | Trackback | Comments(0)

赤目四十八滝

三重県名張市の滝川の渓谷にある「赤目四十八滝」に行って来ました。
滝のある渓谷は約4kmに渡って続き、それなりのアップダウンがあり、四季おりおり楽しめるハイキングコースとなっています。
特に紅葉の名所としても知られていますが、数年前に訪れたその年の紅葉はイマイチだったことを記憶しています。
その時に妻が新緑の季節にもう一度来てみたいと言っていたのを思い出し、足を運ぶことにしました。

d0152544_748547.jpg
四十八という名称がついていますが、大小合わせると実際はもっと多数の滝があります。
大きさにかかわらず、滝からはマイナスイオンを全身に感じることができ、からだの緊張がほぐされリラックスした気分になります。

d0152544_7481882.jpg
不動滝 落差15m、幅7m
滝そのものが不動尊として信仰され、修行の場であった四十八滝の内で最大の滝

d0152544_7482730.jpg
千手滝 落差15m、幅4m
千手観音の手から伝って落ちる様に、幾筋もの水が四方八方へ流れる屈指の景観美

d0152544_7483836.jpg
布曳滝
高さ30mもの1枚岩から絹の様に水が落ち、エレガントで神秘的な滝

d0152544_748476.jpg
黒い岩陰から流れ落ちる白滝、光が当たると岩肌の苔と新緑が水の流れに映し出され、見る者は自然の造形美にただただ感謝するのみです。

d0152544_7485685.jpg
荷担滝
高さ8mある滝が左右2つに分かれ、中央の岩があたかも天秤棒で左右の荷物(滝)を担いでいる様に見えます。

この渓谷はオオサンショウウオの生息地として知られ滝への入り口に展示施設もあり、日本の滝百選、森林浴の森100選に選ばれ、遊歩百選に推薦されていますので、一度訪れてみる価値はあります。

# by kimama-time | 2008-05-06 08:36 | Trackback | Comments(0)

初めて目にした「さざれ石」

5月1日~2日に海の幸を求めて、石川県の和倉温泉へ行って来ました。
二日目は和倉温泉発の定期観光バス「あさいち号」で輪島朝市・輪島漆器会館 - 増穂浦・道の駅とぎ海街道 - 巌門 - 妙成寺 - 千里浜なぎさドライブウェイ - 金沢駅着の7時間コース観光に出かけました。
d0152544_22133699.jpg
輪島の朝市風景
輪島では神社の祭日ごとに物々交換の市が立ったのが朝市の始まりといわれています。
今では観光客目当ての土産物屋や新鮮な野菜、活きのいい魚貝・海草などを、地元の人々も気軽に買い物できる朝市となっていました。
妻は輪島塗の椀を格安で五つ購入し、帰宅した日には早速、娘に自慢しておりました。

d0152544_22145527.jpg
能登半島国定公園 巌門めぐりの遊覧船乗り場へ行く途中、木立の向こうに青い海が見えました。
巌門は能登金剛の中心で岩壁の下に小船が通れる貫通洞門があり、奥の大洞窟は義経主従の隠れ場所と言伝えられているそうです。

d0152544_2226735.jpg
この日は初夏を思わせるような強い陽射しで、打ちつける波しぶきの白さと海の青さが印象に残りました。

d0152544_22262963.jpg
土産物店の軒先には色とりどりの貝殻が無造作に干してあり、洒落たガラスの容器に、この貝殻を入れるだけで立派な土産品となっていました。

d0152544_22422038.jpg
妙成寺の二王門と手前が鐘楼
この妙成寺で、国歌に詠まれている「さざれ石」を初めて見ることができました。

d0152544_22514069.jpg
「さざれ石」
さざれ石とは石灰岩が雨水に溶解して、時には粘着の強い乳状体となって、地下で大粒の石や小粒の石を集結して次第に1つの大きな石の塊に変化した物のことです。
やがて、それが地上に出て国歌に詠まれている如く、千代に八千代に年を経てさざれ石が巌となり苔のむすと云う、団結と繁栄平和と長寿を象徴讃歌した目出たい石ということになります。
写真からは今にも崩れてしまいそうに見えるかもしれませんが、直接見た感想は小石がコンクリート状に凝結した頑丈な塊です。
ちなみに、さざれ石の正式な学名は「石灰質角礫岩」であります。

d0152544_0193132.jpg
最後に訪れた千里浜なぎさドライブウェイは、長さ約8kmに渡る日本唯一の砂浜道路です。
粒子の細かい砂であるため、海水を含むことで路面が固くしまり、波打ち際でも走ることができるそうです。
しかし観光バスのガイドさん曰く、自分の車であれば波打ち際を走った後の洗車が大変なので、実際はレンタカーで来ている人が多いということです。
そのことを聞いて、変に納得してしまう我輩でありました。

# by kimama-time | 2008-05-04 23:06 | Trackback | Comments(0)

奈良国立博物館

皆さん、ご存知ですか。
奈良国立博物館では撮影希望を申し出れば、常設展示場の同館所蔵品に限り、三脚とフラッシュを使わないという条件で撮影許可がもらえます。
入場料さえ払えば追加費用はなく、渡された緑の腕章で正々堂々と写真撮影ができます。
もちろん、見学されている方の邪魔にならないというマナーは当然ですが。
d0152544_1705424.jpg
奈良国立博物館は全国に4つある国立博物館(東京、京都、奈良、九州)の一つで、明治期の洋風建築の代表例として国の重要文化財にも指定されています。
主に仏教美術を中心とした文化財の保護・展示を行っていますが、全国的には毎年開催される「正倉院展」で知られていると思います。

d0152544_1745261.jpg
旧帝国奈良国立博物館の正面玄関を見上げてみれば、見事な漆喰レリーフを目にすることができます。

d0152544_7111172.jpg
同館所蔵品の中でも、この菩薩立像が私の一番のお気に入りです。
解説によりますとパキスタン・ガンダーラ地方で出土され、弥勒菩薩とみられる像で、両肩に髪を垂らして髭をたくわえ、有翼の獅子を表す耳飾を付け、豪華な装身具や深い襞を刻みつけた着衣の表現には熟達した彫技がうかがえ、その姿は気品に満ちた貴公子を思わせます。

d0152544_172317.jpg
国立博物館からの帰り道で、見かけたハーレーダビッドソン (Harley-Davidson)社製オートバイです。
思わずその美しさに惹かれ、いつの間にかカメラを構え、撮影していました。
このオートバイ最大の特徴は、大排気量空冷OHV、V型ツインエンジンがもたらす独特の鼓動感と外観であり、これに魅せられた多くのファンがいますよね。わかるような気がします。

人々を魅了する卓越した技は、今も昔も変わりません。

ぜんぜん話が変わりますが、我が家に「Wii」がやってきました。
妻の要望で「Wii Fit」なる健康器具?も購入し早速、メタボ予備軍の私もBMI、バランス年齢を測定することになり、半年で3kg減量という目標設定をするはめになってしまいました。
ちなみに妻の目標設定は当然、内緒です。

# by kimama-time | 2008-04-27 18:21 | Trackback | Comments(0)

日曜日の朝食

平日の起床時間が早いので、日曜日の朝ぐらいは自然に目が覚めるまで、ゆっくりとするように心がけています。
そしてキッチンに、やわらかな朝陽があたるころ、妻が朝食の準備に取り掛かります。
d0152544_5254455.jpg
ソフトフィルターをかけて、朝のやわらかな陽射しを表現してみました。

d0152544_526284.jpg
最近、我が家では日曜日の朝食はホットサンドと決まっています。
ホットサンドとは食パン2枚の間に好みの材料を入れプレスしながら、こんがり焼いたサンドイッチのことです。
今日の具材は見てのとおりで、ちなみに左側はハムと蕩けるチーズが入っています。

d0152544_527041.jpg
ホットサンドを作るための器具は、コンロにのせて焼くタイプと電気で焼くタイプの2種類の器具があるそうですが、コンロタイプは慣れるまで火加減が難しそうです。
我が家は妻がカタログギフトでゲットした、手軽で便利な電気式のホットサンドメーカーです。
なかなかのスグレモノです。

d0152544_5272136.jpg
ご覧のとおり、パンの淵を焼き固めるので、普通のサンドイッチよりも中身をたっぷりと入れて楽しむことができます。
はみ出たチーズもカリカリと、それもまた美味です。

d0152544_5274035.jpg
外側がカリッとして中はしっとり、中身しだいで、いろいろな味が楽しめます。
できたての熱々のホットサンドは本当に美味しく、しばらくは休日の朝食の定番になるでしょう。

このブログを妻に見てもらったところ 「まるで、ホットサンドメーカーのCMみたい」 と言われてしまいました。
なるほど、そうかもしれません。

# by kimama-time | 2008-04-19 06:39 | Trackback | Comments(0)

雨雫

雨が上がったばかりの朝、外に出てみるとキラキラと輝く雨雫が目に入ってきました。
そこで、いつもと違う視点でマクロレンズを使い、裸眼では気がつきにくい世界を、感じるままにクローズアップしてみました。
d0152544_6505489.jpg
水滴を弾こうとする花びらの上で、今にも転がり出しそうな真球の雫は、自然の摂理に則った造形美です。

d0152544_651101.jpg
黒と緑を背景に映り出される雨の雫をじっと見ていると、違う世界に引き込まれるような感覚になりませんか。

d0152544_6512573.jpg
透明な雨粒がレンズの役目をして、すぐ近くの花びらを映し出しています。

d0152544_6513693.jpg
太陽の光を浴びて輝く雨雫は、まるでクリスタルガラスで創られた美術造形品を見ているようです。
さあ、雨も上がった。 今日は、どこに出かけようか。

# by kimama-time | 2008-04-13 07:50 | Trackback | Comments(0)

春爛漫

この日曜日、近畿地区は桜満開と晴天で桜の名所各地はどこも、行楽客で賑わっていたと思います。
これほど、天候と開花に恵まれた休日は数年振りではないでしょうか。
そういう私もご多分に漏れず、朝から晩までカメラを担いで動きまくっていた為、ブログ更新の時間が取れず今日になってしまいました。
d0152544_22164596.jpg
一枚目の写真は先週と同じく、自宅近くの川沿いにある桜並木ですが、予想通り先週の「咲き始め」から比べ、この一週間で、ものの見事に満開になっていました。
桜の下では地元の方が、朝早くから集まってワイワイガヤガヤと、お花見の準備をされていました。
この見事な桜の下での宴会は、楽しいこと間違いありません。こればかりは地元の方の特権ですね。

d0152544_2250536.jpg
桜下の川面ではコガモのつがいが、春の日差しを浴びて気持ちよさそうに泳いでいます。

d0152544_22311038.jpg
JR奈良駅から奈良公園に向かう途中の九條山淨教寺で見つけた、見事な紅八重しだれ櫻です。
淨教寺は徳川家康から南都上三條で御赦免の寺地を頂戴して現在地に移り、本尊は運慶作といわれる阿弥陀如来立像と樹齢約300年といわれるソテツの巨樹で知られています。

d0152544_22371221.jpg
奈良公園もご覧の通り、満開で芝生の上では楽しそうな家族の声が聞こえてきます。
奥に見える建造物は大仏殿です。

d0152544_22401673.jpg
奈良公園周辺を散策していると妻が、可愛いカタクリの花を見つけてくれました。
昔は落葉広葉樹林のある各地で広く見られましたが、近年では乱獲や盗掘、土地開発などによる生育地の減少によって、最近では滅多に見る機会がありません。
まさか観光客で賑わっている奈良公園で見ることができるとは思ってもいませんでした。

d0152544_22542125.jpg
自宅前の小さな池地には、この時期に毎年訪れるアオサギ(このブログ訪問のnoplanforeverさんから教えていただきました)を見ることができました。

# by kimama-time | 2008-04-07 23:03 | Trackback | Comments(2)

桜ちらほら

私の住む奈良県では、桜の「開花宣言」が3月26日に気象庁から出されました。
例年と比べてみると平年日は4月1日ですが、開花の早かった昨年の3月27日より更に1日早くなっています。
このように毎年、開花日が早くなるのは地球温暖化の影響でしょうか、少し気になります。
そもそも「開花宣言」とは気象庁の観測員が全国各地にある「標本木」を実際に見て、花数が5~6輪咲いていることを確認した日であり、開花日「開花宣言」として新聞やTV等で報道されます。
ちなみに標本木は基本的にはソメイヨシノ ですが、ソメイヨシノが咲かない沖縄・奄美地方ではヒカンザクラ、北海道の北東部ではエゾヤマザクラやチシマザクラが観測されているそうです。
d0152544_12394515.jpg
早速、奈良公園辺りの開花状況を見に行くつもりでしたが、あいにく空模様がイマイチだったので、今回は遠出をせずに自宅近くの川沿いにある桜並木の様子を見てきました。
ご覧のように「五分咲き」というには少し早く、まだ「咲き始め」といったところでしょうか。

d0152544_12395557.jpg
開花したばかりの桜の花びらからは優しさと初々しさが漂い、こちらの気持ちまで和やかにしてくれます。
満開の桜は遠くから眺めるのが一番美しく、近くから見て一番美しく感じる見頃は、もしかすると今かもしれませんね。

d0152544_124051.jpg
蕾の濃いピンク色に比べ、開花した花びらはかなり白く見えますが、満開になる来週あたりは花びらが寄せ集まることで、辺り一面が見事な桜色に染まります。
その頃になると桜並木の下では例年通り、ゴザを持ち寄った近所の人達で花見会が開かれていることでしょう。
意外と知られていない、桜の名所なのかもしれません。

d0152544_1240184.jpg
この辺りは旧家も多いのか例年、桜満開の4月中旬頃になると大きく立派な鯉のぼりが揚げられ、青空にたなびく情景は、私にとって恰好の被写体となっております。
今年も、その季節が近づいてきましたので、今から楽しみにしています。

# by kimama-time | 2008-03-30 12:51 | Trackback | Comments(0)

平等院と春の草花

今日は天気がよいので、京都府宇治市にあります平等院まで足を運びました。
場所的には京都市内からも奈良からも少し遠い為、空いていると思い朝10時前には着きましたが、既にかなりの観光客、そして修学旅行らしき団体などが訪れていました。
日ごろ奈良の大仏殿を見慣れているせいか、私には思った以上に、こじんまりした建造物に映ります。
d0152544_21375170.jpg
平等院は平安時代の後期、11世紀の創建で10円硬貨に鳳凰堂が、10000円紙幣には鳳凰がデザインされていることで知られ、1994年(平成6年)にはユネスコの世界文化遺産に登録されています。

d0152544_21392472.jpg

d0152544_21402196.jpg
中堂の屋根上には1対の鳳凰(想像上の鳥)像が据えられ、鳳は雄、凰は雌を指し、その容姿は前は麟、後は鹿、頸は蛇、背は亀、頷は燕、嘴は鶏だと伝えられています。
望遠レンズで拡大して見れば見るほど、手塚治虫氏の「火の鳥」に似てると思うのは私だけでしょうか。(ちなみに私は全巻保有しております)
本物(国宝)の鳳凰は隣接する「平等院ミュージアム鳳翔館」で収蔵展示され、目の前で見ることができますが、複製であっても本来あるべき場所(平等院鳳凰堂屋上)に設置された鳳凰像からの方が、風格と威厳を感じることができました。

d0152544_226214.jpg
平等院の敷地を散策していると、木瓜(ぼけ)の花が目に留まりました。
この花はバラ科の落葉低木で実が瓜に似ており、木になる瓜で「木瓜(もけ)」とよばれたものが「ぼけ」に転訛(てんか)したとも、「木瓜(ぼっくわ)」から「ぼけ」に転訛したとも、いわれています。
草花が春の身支度を始めたばかりで、原色が少ないこの時期、陽を浴びて朱赤色に輝く花びらが、ひときわ目につきました。

d0152544_2222378.jpg
平等院からの帰り、自宅近くの田んぼの片隅に咲いている花を見つけ、その可憐な容姿に思わずマクロレンズで真上から撮影してみました。
純白のやわらかい絹を折りたたみ、その端を少しだけ紫色に染めたように見えるこの花は何だか、わかりますか?

d0152544_22345465.jpg
この角度から見ると、わかりますよね。そう、れんげ草の花です。
昔は水田の裏作に緑肥作物として、この季節には田んぼ一面が淡い紫色の花に染まり、春本番の風物詩と見る者を楽しませてくれましたが、最近では雑草化したものがまばらに咲いている程度になってしまい、日本の原風景をこよなく愛する一人としては、いささか寂しくもあります。

d0152544_22581743.jpg
畑の日当たりのよい畦道(あぜみち)にはこの時期、コバルトブルーの小さな花をつけるオオイヌノフグリが咲いています。
ヨーロッパが原産で、日本には明治初期に渡来した帰化植物ですが、今では日本の春を彩る草花の一つでもあります。
実はニコンより「3月度の壁紙」として紹介されていましたので、もちろんプロには適いませんが、チョッと真似をして撮影してみました。

春になると毎年、花の撮影が多くなります。
まだ少し蕾の固い桜も、来週あたりからチラホラ開花してくるのではと、今から楽しみにしています。

# by kimama-time | 2008-03-22 23:27 | Trackback | Comments(0)