みちのく春巡り 石割桜

石割桜とは盛岡地方裁判所前に鎮座する周囲21メートルの巨大な花崗岩を割って逞しく枝葉を伸ばし、高さ10メートルにもなる巨木のエドヒガンザクラのことです。

d0152544_531444.jpg
国の天然記念物に指定されていることもあり、満開になると平日であってもすごい人口密度でした

d0152544_5315249.jpg
正面斜め横から人が映り込まないように意識して一枚パチリ!

d0152544_5315984.jpg
正面からの撮影では幹や枝ぶりが強調されますが、後ろからの撮影では桜の花のボリュームを表現できます

by kimama-time | 2017-04-28 07:00 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://kimamatime.exblog.jp/tb/24128388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cynchia at 2017-04-28 07:38
おはようございます、素晴らしい桜をありがとうございます❗
Commented by sibuya at 2017-04-28 09:17 x
満開の石割桜・・美しいですね~
根元はどうなっているのでしょうか?
石に挟まれて平たい板状態になっているのかな?
Commented by kimama-time at 2017-04-28 09:42
cynchiaさん、ブログ訪問ありがとうございます。
ほんとうに見事な桜でしたね、そして自然の力強さも感じることができました。
Commented by kimama-time at 2017-04-28 09:51
sibuyaさん、ブログ訪問ありがとうございます。
私も不思議に思い、大きな花崗岩を真っ二つに割っているところを覗いてみましたが、暗くてよく見えませんでした。
きっと巨木を支えるために地下深く、そして石の廻りに広く根を張っているのでしょうね。