カルスト台地の秋吉台

秋吉台は山口県美祢市に広がる日本最大のカルスト台地で、1955年に国定公園、1964年には特別天然記念物に指定されており、隣の北九州で育った私も学生時代に何度か訪れたことがありました。

展望台近くで地域ボランティアの方がカメラを持っている私を見て「今の時期は育ちすぎた草に石灰岩柱が隠れてしまっているので、2月下旬の野焼き後に再び訪れてもらえると いい写真が撮影できると思いますよ」と声をかけてくれました。

たしかにカルスト台地といえば見渡す限りの草原に石灰石の塊がポツリポツリと点在して まるで羊が放牧されてるように見える風景をイメージしますが、訪れた10月初旬は草原の草に白い岩が ほとんど隠れていたので 今回は草の緑色を抑えるためモノクロで撮影してみました。

d0152544_06510818.jpg


d0152544_06511656.jpg


d0152544_06512445.jpg

# by kimama-time | 2017-10-19 07:00 | Trackback | Comments(0)

山口県長門市にある元乃隅稲荷神社

日本海に面した山口県長門市に建つ元乃隅稲成神社を訪れました。

ここは数年前にアメリカの報道系サイトで「日本の最も美しい場所31選」として紹介されたことで話題にもなった神社で、海に向かって鳥居が連なるのは日本でもここだけらしい。

d0152544_06015488.jpg
海の青と草木の緑、そして真っ赤な鳥居のコントラストが絵になります

d0152544_06023823.jpg

# by kimama-time | 2017-10-15 07:00 | Trackback | Comments(4)

明石海峡大橋の夕景

大阪南港から新門司港へ航行するフェリーに乗船し、暗くなりかけた6時過ぎに明石海峡大橋を通過する。

対岸の街明かりも見えるなど 情緒ある船旅を楽しむことができます。

d0152544_05403182.jpg

d0152544_05403873.jpg


# by kimama-time | 2017-10-11 07:00 | Trackback | Comments(2)

夕日に映える黄昏色

夕空はれて秋風吹き♪~と 口ずさんでしまうような夕方、田舎道を歩いていると黄昏色に染まった風景が目に映ります。

d0152544_05040069.jpg


d0152544_05040880.jpg

追伸
妻が先日私のブログで掲載した角島大橋の絶景を ぜひ見てみたいということで、今日の夕方5時に大阪南港を出港するフェリーに乗船し、明日早朝5時半に北九州新門司港に到着してから山口県の絶景で知られている角島大橋、元乃隅稲成神社、青海島、秋吉台を巡り、夕方5時に新門司港出港のフェリーで翌朝に大阪南港へ戻るという日帰り感覚に近い短い旅に出かけることになりました。 さてさて 天気は どうなることでしょうか・・・

# by kimama-time | 2017-10-07 07:00 | Trackback | Comments(0)

秋空が似合う秋桜(コスモス)

晴れた朝、カメラ片手に散歩をしていると 秋空に咲くコスモス畑で蝶が名残惜しそうに飛び交っている光景に出会いました。

d0152544_06174664.jpg
秋なのに なぜだか ほのぼのとした光景ですね


d0152544_06175261.jpg
秋空にはピンク色のコスモスが似合います

d0152544_06175918.jpg
黒バックにモンシロチョウ、絵になります

# by kimama-time | 2017-10-04 07:00 | Trackback | Comments(0)

秋の訪れを告げる彼岸花

我が家の周りでは まだまだ田んぼや畑が多くあり、稲穂が頭を垂れるころになると あちらこちらで真っ赤な彼岸花が咲きはじめ 秋の訪れを感じさせてくれます。

d0152544_05580092.jpg
朝露に濡れる彼岸花に朝陽があたり輝きはじめる

d0152544_05582868.jpg
竹林の土手に凛と咲く

# by kimama-time | 2017-10-01 07:00 | Trackback | Comments(2)

絶景の角島大橋へ

九州から本州に入って最初の駅が下関駅、そこから山陰線に乗り換えて 以前から一度は撮影したいと思っていた角島大橋へ向かいます。
角島大橋は2000年に開通してからTVドラマや映画、CMに登場するたびに話題となっている絶景の大橋です。

d0152544_05383810.jpg
途中で最寄りの特牛(こっとい)駅で下車してバスに乗り換えますが、ここは全国の読み方が難しい駅名、思わず読み間違えてしまう駅名を集めた「難読・誤読駅名の事典」にも掲載されている知る人ぞ知る駅でもあります

d0152544_05391342.jpg
エメラルドグリーンの海上を渡る全長1780メートルの白く美しい橋、これが角島大橋です、南国ではなく、山口県日本海側の景観なのですから驚きです

d0152544_05400134.jpg
天気のいい日を選んで訪れたので、想い描いていた光景を撮影することができました

d0152544_05403356.jpg
橋脚の高さを押さえて 周囲の景観に配慮した構造が自然景観保護の観点から評価され、土木学会デザイン優秀賞を受賞しているのも頷けます

# by kimama-time | 2017-09-28 07:00 | Trackback | Comments(4)

熊本城の復旧状況を知りたくて

屋久島からの帰り、昨年4月に熊本を襲った震度7の大地震で石垣や櫓の倒壊、天守閣の瓦が はがれ落ちるなどの甚大な被害を受けた熊本城の現状を知りたくて立ち寄ることにしました。

城内ボランティアの方も話されていましたが、熊本城の復旧には20年の歳月がかかるといわれています、まず最初の1年は準備調査期間にあてられてきましたが、私が訪れた8月には本格的な修復工事がはじまっていました。

d0152544_06402868.jpg

敷地の広さが東京ドーム21個分もある中、真っ先に目に映ったのは3年以内の修復をめざした天守閣を囲う工事現場の姿でした

d0152544_06344896.jpg


d0152544_06351446.jpg
石垣の被害は敷地全体に及んでおり、今でも石垣が崩れたままの場所が多く見られ 西出丸の北西隅にある戌亥櫓も1本石垣で支えられている状態のままでした

地元の人たちに愛されている熊本城は復興のシンボルです、一日でも早く復旧されて被災者の方々が勇気づけられることを 遠く奈良の地より願っています。

# by kimama-time | 2017-09-25 07:00 | Trackback | Comments(2)

HDD&SSDの速度比較

8月下旬にデスクトップパソコンを自作した際、記憶装置として従来のHDD(ハードディスクドライブ)からSSD(ソリッドステートドライブ)に置き換えることにより Windowsの立ち上がりやアプリケーションの動作が見違えるように早くなったと報告しましたが、言葉でなく数値的に自分の記録として残しておくことにしました。

そこで ストレージのデータ転送速度を測定できるベンチマークソフトとして 日本ではスタンダードとなっている「CrystalDiskMark」を使用することにしました。

d0152544_06264035.jpg
小気味いい操作感を実感できる測定結果となりました

# by kimama-time | 2017-09-23 07:00 | Trackback | Comments(0)

屋久島に別れを告げる

当初は屋久島に2週間滞在する予定でしたが、それまで迷走していた台風5号が勢力を増して屋久島に向かってくるとの情報を宿のオーナーから聞き、急遽予定より4日早く屋久島に別れを告げることにしました。
結果、私が島を離れた翌日から数日間は船便が欠航することになり、オーナーの的確な情報提供とキャンセル料はいただかないという優しい言葉に ただただ感謝するのみです。

そして今回で屋久島滞在ブログを閉じようと思うのですが、思い起こせば島を巡る途中で美味しいものにも たくさん出会うことができたので、その中から私好みの店を紹介して屋久島最後のブログとします。

d0152544_06155000.jpg
透明度が高く青い海に囲まれた屋久島は 黒潮に乗ってやってくる魚たちも多く、魚好きな私にとっては新鮮な魚介類が食べられる食材宝庫の島でもあります。

d0152544_06161864.jpg
島には美味しい魚介類を食べさせてくれる店も多いのですが、その中でも「いその香り」には何度も通いました、ここは父と兄を漁師に持つ店長が自ら漁に出て釣った鮮度抜群の地魚を提供してくれる旅行雑誌にも掲載される人気店でもあります。
数あるメニューの中で一押しは何といっても この「地魚にぎり」です、その味は私が今まで食べた握りの中でもトップクラスの美味さでした!
店員さんが食材を一つ一つ丁寧に説明してくれ、スマホで写真を撮ろうとすると手書きのメモまで添えてくれました。

d0152544_06170296.jpg
私も今まで屋久島の観光ツアーで何度も「トビウオの姿揚げ」を食しましたが、ここのトビウオは大きさも太さも1.5倍ほどあり 背骨以外は すべて美味しくいただくことができました。

d0152544_06173121.jpg
それから屋久島名物「カメノテの蒸し焼き」は美味かったなぁ、写真も撮ったのですがLINEに添付して千葉にいる長女に送信したとこと、すぐに「ぎぁあ!カメノテ苦手なんだって!!ビジュアルが!!」という返信があったのでブログへの写真掲載は差し控えることにします。残念!
しかしながらカメノテは「亀の手」ではなく、エビやカニと同じ甲殻類の仲間で 一度食べたら病みつきになること間違いなしと私は思うのですが・・・

今回のように ひとつの場所で暮らすように自分時間で過ごす一人旅は初めてだったので、まさしくブログテーマでもある「気ままな時間を ゆったりと」を体現するような旅だったなぁと あらためて写真を整理しながら実感しています。
再びチャンスがあれば トライしたいものです・・・

# by kimama-time | 2017-09-21 07:00 | Trackback | Comments(0)